読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SM S1使用構築 対面ジバコガブテテフ

SM S1にて使用した構築になります。

ポケモンの中でもカプ・テテフを使いたいと思い構築を組み始めました。

 

 

           f:id:xei_poke:20170117121851p:plain

 

            

 ゲンガー@ゲンガナイト 

性格:臆病

特性:呪われボディ→影踏み

実数値:135-×-101-222-115-200

技構成:シャドーボール/ヘドロ爆弾/身代わり/道連れ

カプ系に有利を取れるメガ枠として採用。

身代わりは安定択として使える場面が多く、後述するテッカグヤの宿り木の種と合わせて相手を嵌めることも出来るので非常に重宝した。

道連れは弱体化してしまったが、それでもないと困る場面が多かったためメガゲンガーには必須の技だと感じた。

 

 ガブリアス@気合の襷

性格:陽気

特性:鮫肌

実数値:183-182-116-×-105-169

技構成:逆鱗/地震/岩石封じ/剣の舞

電気の一貫を切りつつ、汎用性の高い襷ガブリアス

このポケモンをストッパーとして扱う場面も多かったため、炎のキバではなく岩石封じを採用している。

 

カプ・テテフ@こだわりスカーフ

性格:臆病

特性:サイコフィールド

実数値:145-×-96-182-135-161

技構成:サイコキネシス/ムーンフォース/10まんボルト/目覚めるパワー炎

メインウェポンとしてサイコキネシス,ムーンフォースは確定枠とし、サブウェポンにはテッカグヤへの打点として10まんボルト、構築単位で重いハッサムへの打点として目覚めるパワー炎を採用しています。

性格はZテクスチャーによりSが上昇したポリゴンZとフェローチェを上を確実に取るために臆病で採用しました。

 

ジバコイル@鋼Z

性格:控え目

特性:頑丈

実数値:145-×-136-200-110-112

技構成:10まんボルト/ボルトチェンジ/ラスターカノン/目覚めるパワー氷

頑丈により1回は行動が保証されているため、相手の攻撃を耐えて返しのZ技で相手を倒し、数的優位を取れた試合は有利に対戦を進められることが多かった。

最終日前日までは電気Zで使用していたが、鋼Zも強いと聞いたため変更してみたところ遅いチョッキマンムーを上から飛ばしたり、テテフやサザンに打ち負けなくなったりと見事な活躍をしてくれた。

 

 テッカグヤ@食べ残し

性格:意地っ張り

特性:ビーストブースト

実数値:193-145-124-×-122-113

技構成:ヘビーボンバー/地震/身代わり/宿り木の種

地面の一貫を消せ、相手のカプ・テテフのエスパー技の一貫を切る枠。

ミラーと60族のギルガルド,ジバコイル意識で準速までSを上げている。

サブウェポンは剣状態にしたギルガルドを倒せるように地震としている。

このAだとH振り剣状態ギルガルドが中乱数でしか落ちないがHに振り切っているギルガルドは少ないだろうと妥協した。

 

ポリゴン2@進化の輝石

性格:図太い

特性:トレース

実数値:191-×-156-126-116-81

技構成:放電/冷凍ビーム/毒々/自己再生

ギャラドスボーマンダに対して強く出れるポケモンが欲しかったため採用した。

ギャラドスに関しては怯みで押し切られる可能性も高いため、麻痺の狙える放電を採用している。

終盤はパルシェンが増加していたがそのストッパーとしても優秀だった。

 

結果

TN oathkeeper

最終レート 2203 最終順位 11位

 

 Special Thanks

かざさん:原案から素晴らしい構築を作り上げて下さりました。

本当にありがとうございます。